NW-EAST特別企画 霞丘陵をNWで歩こう バスハイキング♪

12月7日(日)、NW-EAST特別イベントの『霞丘陵をNWで歩こう バスハイキング♪』が開催されました(^0^)
前回の鋸山に続いてバスハイキング企画第2段になる今回のイベント、青梅の霞丘陵を歩いております(^0^)

IMG_1928.jpg   IMG_1930.jpg
新宿駅の西口側で集合しまして、ここからバスに乗って行きます。朝7:45と言う早い時間でしたが皆さん早めに集まって下さいました(^0^)
因みにバス会社は前回と同様『もっこり竹の子観光』さん。バス会社も気を利かせてくれたのか、前回鋸山に行った時と同じ運転手さんが来て下さいました(^0^)

IMG_1933.jpg   IMG_20141207_081908.jpg
首都高速4号線から中央高速に入りまずは八王子を目指します。天気も良く、遠くに富士山もクッキリ見えました(^0^)何度か富士山の写真を撮ろうと挑戦してみたのですが、何気に結構道路が右に左にカーブしてたので苦労しました(苦笑)

高速道路は八王子インターで下りまして、一般道を通りバスを着ける東青梅に向かいます。

IMG_1937.jpg   IMG_1938.jpg
JR青梅線の東青梅駅に到着し、ここでバスを下ります。駅前駐車場で一時休憩を入れ、いよいよ霞丘陵ハイキングコースへと出発します(^0^)

IMG_1939.jpg   IMG_1940.jpg
駅前にはストレッチができるだけのスペースが無かったので早々にスタートしましたが、身体を解す程度のペースで歩いて行きます。(その位のペースだったかと(苦笑))

IMG_1941.jpg   IMG_1943.jpg
IMG_20141207_094450.jpg
休憩とストレッチを兼ねて途中『妙光院』というお寺に立ち寄りました。こちらの駐車場をお借りして準備運動に入ります。

IMG_1944.jpg   IMG_1947.jpg
IMG_20141207_100806.jpg   IMG_20141207_100828.jpg
妙光院でストレッチを済ませた後は第一の目的地『塩船観音』を目指します。・・・ストレッチを済ませた後で良かったですね、この道。何気にアップダウンが多くて結構な運動になってます(苦笑)

IMG_20141207_101035.jpg   IMG_1950.jpg
坂を一山超えた所で、『塩船園』という老人ホームがありまして、ここの入り口スペースをお借りして休憩に入ります。目的の塩船観音までは後数10mと言った所でしたけど無理は禁物です。

IMG_1954.jpg   IMG_1956.jpg
休憩後、再びウォーキング開始。・・・と言っても目的の塩船観音はすぐそこ(苦笑)茅葺屋根の古風な門から入っていきます。

IMG_1962.jpg   IMG_20141207_102212.jpg
こちら、境内に2本伸びています『塩船観音の大スギ』です。写真は2本の内の1本ですが、こちらで幹囲約6m、樹高約40mもあるそうです。写真で全高を収めるのは無理だったんですけど、もう一枚の写真で皆さんが見上げている様子を見て頂ければ高さが少しはイメージできますかね?

IMG_1964.jpg   IMG_20141207_103247.jpg
この塩船観音、かなり大きな観音像があるのですが、その場所はと言うと・・・結構な高台でした(汗)なかなかの急坂を上っていきます。

IMG_1970.jpg   IMG_1971.jpg
紅葉が残る坂を僅かな時間でかなり高い位置まで登ってしまったのですが、下を見ると京都にでも来たかのような古風な和む風景が広がっていました(^0^)

IMG_1978.jpg   IMG_1980.jpg
無事に辿り着きました塩船平和観音です。『平和観音』の名の通り、観音様の究極の願いは人々の心が平安であり、世が平らかであることだそうです。
観音像を見て後ろを振り返ると、都会の喧騒とは無縁の自然豊かな風景が広がっています。遠くには富士山もクッキリ見えていました(^0^)

IMG_1982.jpg   IMG_1983.jpg
IMG_20141207_105323.jpg   IMG_20141207_105509.jpg
塩船観音の裏側から引き続き霞丘陵のハイキングコースを歩きます。・・・が、この辺りから景色は一変し、ちょっとした山道に入りました。傾斜はメリハリがあってポールがふんだんに活用されていましたねぇ(苦笑)
この時季は枯れ葉が敷き詰められて足元が滑りやすい状態だったので、階段を下りるのも慎重でしたね。

IMG_20141207_105740.jpg   IMG_20141207_110015.jpg
途中『きけん!オオスズメバチ』などという物騒な張り紙がありましたが、幸い蜂一匹飛んでなくて無事に山道を抜け出しました(^0^)

IMG_20141207_111034.jpg   IMG_1989.jpg
山道を抜けるとけしきは再度一変、綺麗に整備された広々とした道路を歩きます。ノビノビと歩けるようになり余裕も感じられますかね(苦笑)
この道自体は桜の時期に来て見るとまた綺麗だろうなと思いましたが、枯れ葉舞い散るこの景色もまた違った趣きでイイ感じがします(^0^)

IMG_20141207_112611.jpg   IMG_1993.jpg
麓に降りて久々に車道に出て一安心、と言った所ですが、ハイキングコースは再び山道へと入ります(汗)

IMG_20141207_113056.jpg   IMG_1995.jpg
IMG_20141207_114120.jpg
こちらもそこそこ急な坂道だった訳ですけど、10分程歩いた所で広場に出まして、こちらで休憩と昼食になります(^0^)

IMG_20141207_114130.jpg   IMG_1996.jpg
IMG_20141207_121428.jpg
この日一番心配してたのが寒さだったんですけど、こちらは陽当たりも良くポカポカ陽気(^0^)ノンビリ寛いでの昼食になりました(^0^)
昼食後、再出発前に皆さんで記念写真を撮りました(^0^)

IMG_20141207_121810.jpg   IMG_20141207_122939.jpg
IMG_2002.jpg
こちらの山道はトレーニングで走っている学生さん達もいまして、ちょっと落ち着いた感じで歩けるかなと思いきや、やっぱり結構なアップダウン(汗)そんな中、天気は良ければ富士山が見える展望スポットがありまして、ちょっと癒されました(^0^)

IMG_20141207_124141.jpg   IMG_2005.jpg
落ち着いてゆっくり歩けば安全な道ではありますが、滑りやすいのでちょっと神経使ってましたね(苦笑)昼食後に出発してから30分少々歩いてようやく山道のハイキングコースを終了。この後は癒しのスポットへと足を向けます。

IMG_2006.jpg   IMG_2015.jpg
IMG_2009.jpg
舗装された道路を歩き少々歩くと目的地に到着。岩倉温泉の旅館『儘田屋』です。勿論泊まる訳ではありませんが、こちらの温泉に日帰り入浴致します(^0^)

IMG_2010.jpg   IMG_2011.jpg
IMG_2012.jpg
旅館自体が川沿いに建っていまして、お風呂場へ向かうまでにも綺麗な風景を楽しめます(^0^)脱衣所も自然の木を柱にする等趣きのある所でした。撮影はしてませんけど風呂場は岩風呂でして、お湯は温めでゆっくり浸かる事ができます。気持ちよかったですよ(^0^)

IMG_20141207_133904.jpg   IMG_20141207_133946.jpg
旅館は昔ながらの古い雰囲気を残していまして、ロビーもノンビリ寛げます(^0^)・・・と言うか、雰囲気的に寛ぎたくなる感じですね(^0^)何気なくふらりと訪れて泊まりたくなるような暖かい雰囲気を感じました(^0^)

IMG_2014.jpg   IMG_20141207_134101.jpg
さて、バスはこの岩倉温泉から乗る事になっていまして運転手さんに連絡を取ったのですが・・・運転手さんは宿の前にある喫茶店にいらっしゃったそうです(^0^)連絡が付くとバスを旅館前に付けて頂き、ここからバスに乗り込みます(^0^)ここからはバスハイキングの楽しみになります道の駅でのお買い物に向かいます(^0^)

IMG_2016.jpg   IMG_2017.jpg
岩倉温泉を出た後は圏央道を経て八王子の道の駅、八王子滝山に到着しました。こちらで皆さん色々なお土産を買っていた訳ですが、アイスクリームも美味しかったですよ(^0^)

IMG_2019.jpg
道の駅の駐車場に停まる竹の子観光さんのバスです。バスの車体そのものも前回鋸山に行った時と同じでした。
このバスで道の駅を後にし、新宿への帰路に就きます。中央高速は府中辺りから少々渋滞したものの、動かない程では無く殆ど予定より遅れる事無く新宿に到着しました(^0^)

バスは下りた後は『家に帰るまでがイベント』と言う合言葉と共にここで解散とさせて頂きました。

何だかバスハイキングにハマりつつありますが、早速次は何処に行こうかと言う話も出ておりました(苦笑)毎回とは行かないまでも定期的にバスハイキングイベントは開催して行きたいものですね(^0^)

今回も大勢の方々が参加して下さいましたし、ウォーキングは勿論、温泉や道の駅の買い物まで楽しむ事ができました(^0^)今回参加して下さった皆様、『もっこり竹の子観光』の運転手さん、本当にお疲れ様と共にありがとうございました(^0^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

NW-East管理人

Author:NW-East管理人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR